光一、森繁超えだ ミュージカル「SHOCK」で帝劇単独主演回数トップに

 KinKi Kidsの堂本光一(29)主演の恒例ミュージカル「Endless SHOCK」(作・構成・演出ジャニー喜多川)の製作発表が23日、東京・丸の内の東京会館で行われた。

 「SHOCK」シリーズは、2000年11月に東京・帝国劇場で初演され、これまでに9年連続で575回の公演を達成。10年目の来年は、2月5日から3月30日まで全76公演が予定されており、2月22日の昼公演で通算600回を達成。さらに、3月12日の夜公演で、森繁久彌(95)が「屋根の上のヴァイオリン弾き」(1967-86年)で達成した625回を抜き、光一が帝劇での単独主演回数単独トップに躍り出る。

 記録を23年ぶりに塗り替えることになる光一は「森繁さんと僕を比べるなんてとんでもない。そういった記録を目標にしてきたわけじゃないので」と恐縮しきりだったが、「帝劇は自分自身を試せる、とても幸せな場所。何度再演してもチケットが取れないという声もありますし、期待を裏切らない作品にしなきゃいけないなと思います」と、表情を引き締めた。

 また、来年元日で30歳を迎えるが、「体力的には20代前半よりもあると思います。いつでも舞台に立てる体作りはしています」と自信の弁。公演タイトルにちなみ、取材陣から「最近一番ショックだったことは?」と問われると、芸能界きってのF1通で、特にフェラーリ好きの光一は「この場で言うのはビミョーですが、(マクラーレンの)L・ハミルトンが優勝しそうなこと」と即答して笑わせた。

 LINK:http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2008102402000132.html




 「KinKi Kids」の堂本光一(29)が主演するミュージカル「Endless SHOCK」の09年公演(帝国劇場、2月5日~3月30日)の製作発表が23日、都内で行われた。

 この公演で10回目を迎え、千秋楽で通算651公演に達する見込み。「屋根の上のヴァイオリン弾き」(67~86年)で森繁久彌(95)が築いた625回を抜く帝劇単独主演記録となる。

 光一は「比べるのはとんでもないこと。データにすると、そうなるだけで、僕は皆さんの期待を裏切らない作品をつくるだけ」と抱負。来年30歳を迎えるが「体力は20代前半の時より今の方があります」と自信を見せた。

 チケット販売方法は11月5日午前5時から東宝のホームページで発表される。

LINK:http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2008/10/24/07.html
堂本光一座長、来年も帝劇で「SHOCK」

 KinKi Kidsの堂本光一(29)が主演する人気舞台「Endless SHOCK」(作・構成・演出/ジャニー喜多川)が来年2、3月に東京・丸の内の帝国劇場で上演されることになり23日、東京都内で製作発表が行われた。
堂本光一単独主演で森繁抜く帝劇新へ

 堂本光一(29)主演で連続公演10年目となるミュージカル「Endless SHOCK」(来年2月5日~3月30日、東京・帝国劇場)の制作発表が23日、都内で行われた。00年に21歳と帝劇最年少座長で初演し、来年3月12日昼の部にこれまで帝劇の単独主演記録だった森繁久弥(94)「屋根の上のヴァイオリン弾き」625回(67年~86年)と並び、千秋楽に651回を達成する。毎年、激しいチケット争奪戦があり、全公演満席で通算動員数も120万人を超える予定。

体力さらにUPだ!堂本光一「SHOCK」

 平成12年に「MILLENNIUM SHOCK」に21歳で主演して以来、帝劇の看板舞台の座長を務めてきた光一。来年の公演中(3月12日夜公演)には、これまで帝劇での単独主演記録トップだった森繁久彌の「屋根の上のヴァイオリン弾き」の625回(昭和42年-61年)を抜き、23年ぶりに記録を塗り替える偉業を達成する。

 来年30歳を迎えてのぞむ公演。舞台に備えて体も鍛えており、「(SHOCKは)限界点にチャンレンジする自分自身を試せる場所。1回1回を大事に、見に来て下さる方の期待を裏切らないようにしたい」と進化した舞台を約束した。帝劇で2月5日-3月30日。

LINK:http://www.sanspo.com/geino/news/081024/gng0810240504000-n1.htm


 「記録が目標ではなく、1回1回が勝負という作品にかける思いの結果が回数につながった。お客さまの期待を裏切ることのない舞台を見せていきたい」。来年1月1日で30歳となるが「20歳前半よりは体力はある。ジムに行ったり普段から鍛えてますから」。この日はジャニーズ事務所社長で作・演出のジャニー喜多川氏の誕生日。「ジャニーさんは僕にとって最大の壁。いい意味にバトルしながら作り上げていきたい」。

LINK:http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20081024-422120.html


堂本光一が挑む“ジャニー氏&森繁超え”

 人気デュオ「KinKi Kids」の堂本光一(29)が23日、都内で主演ミュージカル「Endless SHOCK」(来年2月5日~3月30日・帝国劇場)の製作発表に出席。三十路での2人の巨匠超えに挑む。

 2000年の初演から10年連続となる「SHOCK」は、これまで575回上演。来年3月12日の夜公演で、森繁久彌(95)の「屋根の上のヴァイオリン弾き」(625回、1967~86年)を抜き、98年の歴史を誇る帝劇の単独主演記録を23年ぶりに更新する。

 光一は「森繁さんと僕を比べるなんて、とんでもない」と謙遜(けんそん)。それでも先人が20年かけて打ち立てた数字を半分の10年で破るという、F1好きの光一らしい超スピード記録。“音速の貴公子”は「一回一回の公演に懸けてきた結果」と自負する。

 くしくも、この日は所属事務所社長で本作の作・構成・演出を手がけるジャニー喜多川氏の誕生日。光一は「(ジャニー氏は)僕にとって最大の壁。マインドを超えるのは不可能だと思う。一度、SHOCKで『ユー、そこまでやらなくても』といわれた時、勝ったと思ったけど。ジャニーさんといいバトルをしたい」と、ほほ笑んだ。

 来年1月1日には30歳を迎える。「疲れが抜けにくくなってるけど、体力は20代前半よりある」磨き抜いた心身で未知の領域に突入する。

 LINK:http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20081024-OHT1T00106.htm


堂本光一が“森繁超え”を果たす

 KinKi Kids・堂本光一(29)が23日、東京會舘で来年2月から帝国劇場で上演する主演舞台「Endless SHOCK」の製作発表を行った。2000年に「MILLENIUM SHOCK」としてスタートし、今年2月末まで9年連続公演で、575公演を達成。今公演では、俳優・森繁久彌(95)が「屋根の上のバイオリン弾き」で持つ帝劇の単独主演公演記録625回を塗り替える快挙を成し遂げる。

  ◇  ◇

 堂本光一が30歳にして“森繁超え”を果たす。1967年から86年まで、森繁久彌が作った帝劇単独主演公演回数記録625回に3月12日に昼公演で並び、同日夜公演で新記録を達成する。

 光一は「森繁先生と僕を比べるなんてとんでもないこと。記録を目標にしてきたわけではないので。1回1回を全力で頑張ってやるだけです」と謙虚。今年4月に菊田一夫演劇賞大賞も受賞したが、「賞に恥じることのないものにしなければと思う」と気持ちも新たなに誓った。

 来年1月1日には30歳の誕生日を迎える。公演中には4キロほど体重が落ちるハードな舞台だが、「その日の疲れが抜けないことはあるけど…20代前半よりも全然ある!30歳のショックは全然ないです。帝劇は僕にとって落ち着ける場所であり、自分を試せる場所。常に自分の限界点にチャレンジしていきたい」とアピールした。

 この日は作・構成・演出のジャニー喜多川氏の誕生日。光一は「ジャニーさんのマインドを超えるのは生涯不可能だと思うけれど、いい意味でバトルしながらいい物を作っていきたい」と祝福。

 今後は大台が一つの目標となるが「1000回?とてつもない数字だけれど、もしそうなったら、喜んでやらせていただきます」と「SHOCK」をライフワークとして続けることを宣言した。公演は2月5日から3月30日まで76公演。チケット発売詳細は11月5日午前5時に東宝ホームページで発表。

LINK:http://www.daily.co.jp/gossip/2008/10/24/0001536565.shtml
 

創作者介紹
創作者 PINKDEVIL16 的頭像
PINKDEVIL16

~自分のために~

PINKDEVIL16 發表在 痞客邦 留言(5) 人氣()