ソロ堂本剛“水槽会場”を初公開
「ENDLICHERI☆ENDLICHERI(エンドリケリー・エンドリケリー)」名でソロ活動中のKinKi Kids・堂本剛(26)が12日、横浜市に完成した特設ライブ会場をマスコミに初公開した。  みなとみらい地区に建設された敷地面積1万平方メートル、ホール面積8000平方メートルの「THE ENDLICHERI.WATER TANK」で2706人収容。特設会場としては日本の音楽史上最大規模。発売中のアルバム「Coward」を引っさげて今月19日~5月21日まで46公演を行い、約12万4500人を動員する。

 すべて自らプロデュースし、会場全体を巨大な水槽に見立てた。ロビーにはライブチケットがなくても入場できる。

 「エンドリ…」はアフリカの古代魚で、自宅で飼育している堂本がソロ活動時の名前に選択。「堂本剛が芸術的なアプローチをする際に使う名前です。今までの大切な活動を守るために分けた」と説明。「エンドリ名を見たら、いい感じで壊れている僕が含まれているので注意して…という警告でもあります」といたずらっぽく話した。 

----------------------------------------------
みなとみらいに新テーマパーク!堂本剛が“巨大水槽”ライブ

横浜に“巨大水槽”出現!? 人気デュオ、KinKi Kidsの堂本剛(26)がソロプロジェクト名「ENDLICHERI☆ENDLICHERI(エンドリケリー☆エンドリケリー)」として横浜市のみなとみらい特設会場でライブを行うことになり12日、同会場で剛が発表した。特設ライブ会場としては日本最大級で、剛は「えぇ感じにできました」と自信の笑み。ライブは19日から5月21日まで約2カ月間にわたり開催される。

まるで剛のテーマパークだ!! 完成した会場の名は「THE ENDLI・WATER TANK」。敷地面積1万平方メートル、うち特設会場部分の面積は8000平方メートルで、横69メートル×縦50メートル×高さ14メートル。特設ライブ会場としては日本最大級を誇る。会場名は本人がネーミングしたもので、会場全体を巨大な水槽に見立てるという。関係者によると費用は「2ケタ(10億)に近い額」という。

「ENDLICHERI-」は、ソロで音楽やファッションなど芸術展開する際に剛が使う名で、剛が40匹ほど飼っている古代魚の名前からとった。今年に入り、シングル「ソメイヨシノ」(2月1日)やアルバム「Coward」(3月1日)の発売で、本格的にソロプロジェクトを始動。シングル、アルバムともにオリコンチャート初登場1位となるなど好スタートを切った。

ライブは19日から5月21日まで約2カ月間にわたり46公演実施。1公演の収容人員は2700人で、46公演で計12万4200人を動員予定だ。

ライブホール以外のスペースにはセルフプロデュースした物販コーナーなどを置き、チケットを持っていなくても入場できるという。

完成した特設会場に剛は「えぇ感じになりました。スタッフと話をしてエンドリケリーの世界を楽しんでもらえるようにしました」と自信の笑み。ライブでは巨大な“エンドリケリー”が会場を泳ぐ映像の仕掛けもあり、「(エンドリケリーの)音楽やアートを楽しんでくださる方に足を運んでいただいて、ワイワイできれば」とライブ開催を心待ちにしている。

敷地内にはシングルにちなんで本物のソメイヨシノを1本植える予定で、ライブに“花見”にと、ファンは会場内外で楽しめそうだ。

----------------------------------------------
剛のライブはテントも日本一
KinKi Kidsの堂本剛(26)が12日、ソロプロジェクト「ENDLICHERI☆ENDLICHERI」としてライブを行う横浜・みなとみらいの特設会場を公開した。

 会場は1万平方メートルの敷地に建設した8000平方メートルの巨大テントで、ライブを行うテントとしては日本最大。定員は2706席。「気軽に楽しんでほしい」という堂本の考えで、ロビーはチケットを持たないファンにも開放する。

 「ENDLI―」は、堂本が40匹も飼っている古代魚「ポリプテルス・エンドリケリ・エンドリケリ」から取ったもの。ジャニー喜多川社長の「剛の才能で、剛らしい世界を作りなさい」というアドバイスが後押ししてくれたという。

 堂本は「長い目で見て、音楽だけだけじゃなく個展とかも開いてみたい」と夢を語った。シングル「ソメイヨシノ」、アルバム「Coward」はともにチャート初登場1位獲得と絶好調。ライブは19日から5月21日まで。1つの会場での公演数としては史上最多の46公演を行う。

----------------------------------------------
ハマに剛ランド
ライブ会場「THE ENDLI.WATER TANK」お披露目
KinKi Kidsの堂本剛(26)が別名ソロ「ENDLICHERI☆ENDLICHERI」(エンドリケリー☆エンドリケリー)として今月19日にライブをスタートさせる。12日、横浜市内の会場が報道陣に公開された。

 ライブ会場は横浜みなとみらい21地区の一画に設置され、ENDLI-(=剛)が「THE ENDLI.WATER TANK」とネーミングしたテント型“テーマパーク”で、巨大な水槽をイメージしている。敷地は約1万平方メートル、ホールの広さは約8000平方メートルあり、ライブ用の特設会場としては最大級。約10億円の建設費をかけた。

 「The Rainbow Star」と題したライブは、今月19日から5月21日まで(火・金曜日は休演)開かれ、全46公演。1公演で2700人、合計12万4200人を動員する。単独アーティストが、同一会場で2カ月間のコンサートを行うのは、史上初の試みとなる。

 「ENDLI-」とは、剛が発信するアートや音楽のプロデュース・ネームで、自身が飼育するアフリカの熱帯魚の種別名から命名した。KinKi Kidsとは趣を変えた60年代と現代を融合させた音楽が特徴で、シングル「ソメイヨシノ」(2月1日発売)、アルバム「Coward」(3月1日発売)をリリースし、いずれも「オリコン」で初登場1位を獲得した。

 この日、会見したENDLI-は「せっかくこれだけのものを建ててもらったので、ここでしかできないものを出していきたい。いい感じで壊れている堂本剛が含まれていて、(自分の)ワールドを放出しているので、僕の音楽やアートを楽しんでいただける方にぜひ来ていただきたい」とアピールした。 (江川悠)

 ライブ会場は、メーンホール以外は、フリースペースで、ライブのチケットを持たない人も無料で出入りできる。開場は午前11時を予定しており、ENDLI-がデザインしたオリジナルグッズ販売のほか、飲食コーナーが設置される。休演日も営業する。

 また、ENDLI-本人の意向で、毎日若干名分のライブ当日券を用意している。
----------------------------------------------
堂本剛が単独公演の特大テントを公開
堂本剛(26)が、自分をむき出しにする巨大特設ステージが12日、報道陣に公開された。ソロプロジェクト「ENDLICHERI☆ENDLICHERI(エンドリケリー・エンドリケリー)」の一環として19日から2カ月間の単独公演を行うため、神奈川・横浜みなとみらいに巨大特設テントを設置した。

 敷地面積1万平方メートルは、テントを使った歌手の公演会場として日本最大規模。座席数は渋谷公会堂を上回る2700。堂本は「イベント会場として楽しんで欲しい」とし、広いロビーはチケット有無にかかわらず出入り自由にした。発売中のシングル「ソメイヨシノ」にちなみ、15日には今年開花する巨大ソメイヨシノも植樹するなど新しいデートスポットとしても機能させる。

 同プロジェクトは堂本剛自身の発信地の意味合いが強い。「アイドルやポップスターという、自分の持つスタイルとは別の自分自身の感覚や生み出す作品を楽しんでほしい」。同一会場の単独長期公演は初めてだが「重たく考えていません。イベントだと思っています」と気負いはない。今後活動範囲をファッションや絵画にも広げるつもりだ。

[2006/3/13/07:26 紙面から]
----------------------------------------------
堂本剛 史上最大テントライブ敢行
KinKi Kids・堂本剛(26)が12日、横浜・みなとみらいでソロワークプロジェクト「ENDLICHERI☆ENDLICHERI(エンドリケリ・エンドリケリ)」のコンサート会場をお披露目。1万平方メートルの敷地に造られた巨大テントに誰もが仰天した。特設のライブ会場としては史上最大となる場所で、19日から5月21日まで46公演を行う堂本は「ここでしかできない、今年しかできないことをやりたい」と誓った。
 近未来を思わせる巨大な白い物体だ。1万平方メートルの敷地に設置された巨大なテントはドイツから輸入され、中の広さ8000平方メートル。1回の公演で2700人収容可能。すべてをプロデュースした「エンドリケリ―」こと堂本は、会場を「THE ENDLI.WATER TUNK(ザ・エンドリ・ドット・ウォーター・タンク)」と命名。数億円をかけ巨大水槽に見立てたという。
 アーティスト名の由来は、アフリカにすむ古代魚。この名前で発売したシングル「ソメイヨシノ」、アルバム「Coward」はともにチャート1位を記録している。堂本は「1人のときに堂本剛自身から発信する音楽やファッション、アートといった芸術面をアプローチするときに使う名前」と説明した。
 会場は、紫と赤をテーマにしたステージセットから楽屋のドアの落書きに至るまで、堂本の感性が詰め込まれた。満足そうに見渡した堂本は「“エンドリケリワールド”を楽しんでもらえるための空間」とニッコリ。巨大テントは19日からの46公演で12万4200人を吸い込む。
 「ライブは60年代と80年代のハウス(ミュージック)、そして2006年を融合した感じ。今しかできないことをやりたい」。進化する「エンドリケリ―」から目が離せない。
----------------------------------------------
堂本剛 歌の認知度は意外と低い!? 
先日自身の番組の企画でDREAMS COME TRUEのお二人とストリートライブを行ったENDLICHERI☆ENDLICHERIこと堂本剛さんですが、なんでも彼は二年程前に何の仕事とも関係なしの完全なるプライベートで、ストリートライブを行ったことがあるそうなんです!
 事務所の許可なしで勝手に渋谷の路上で、深夜1~2時ぐらいに歌ったそうなんですが、曜日の設定を間違えたのか全く人が集まらなかったんだとか(笑)。中学生の男の子二人ぐらいには気付いてもらえたそうなんですが、それ以外は誰も気付いてくれなかったので最終的に、「僕、堂本剛」という歌詞を歌いだしたんだそうです(笑)。それでも中学生の男の子二人以外は気付いてくれなかったんだとか(笑)。


PINKDEVIL16 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()